アスペ美大くん日誌

色々なものを持ってる美大卒のだめにんげん遺言状ブログ

■ ヤケクソで漫画を持ち込み大撃沈した話

f:id:bidaikun:20180715204255j:plain

 

ヤナーリです。

連休なのでたまには記事かきます。

 

さて美大を卒業し、コンビニバイトしながらアーティスト活動をすることにした私。

でもそこである疑問が生じました。

 

…そもそもアーティスト活動って何すりゃいいんだ?

 

公募展に作品出したり。

ギャラリー借りて展示したり。

ネットでちまちま公表したり。

そうすればアーティスト活動って言う…のか?

 

f:id:bidaikun:20180715203232j:plain

↑当時、一週間15万ほどで借りたG座のギャラリーで展示した時の写真。作品も売れず、客もほとんど来なかったことが鮮明に記憶に残ってます。

 

ダメだぁ。

こんなんじゃダメだぁ。

 

もっとこう…アーチストとして身を売るために、何か良い方法があるはずだ…。

 

うーんと頭を抱えて悩んだ末、そこで自分はある結論に達しました。

 

そうだ漫画だ。

 

今、時代は漫画なんだにょ!

原稿描いて持ち込みだ!

原稿料も印税も入ってうはうはだ!

 

…と言う極めて単純な思いつきと衝動のみで、漫画を描いて持ち込みにいくことにしました。漫画なんてろくすっぽ描いたこともないくせに、何故そのような発想に至ったのか。

 

f:id:bidaikun:20180715204741j:plain

↑何をそんなこじらせていたのか、こんなグチャグチャした内容の漫画を描きました。

 


 

f:id:bidaikun:20180715202416p:plain

 

持ち込みに行ったのは、S社とゆう所です。

 

何故Sかと言うと、サブカルな漫画雑誌(ヴィレバンなんかによく置いてるような)から取ってS社としました。

 

自分としては必死に頑張り、わずか10ページ程の短編漫画に3,4ヵ月くらい時間をかけて描きました。『メンヘルマシンガンクリック』とかゆう、これ又ヤケクソの塊みたいな題名をつけ。

 

さてそれが完成するや否や、早速S社に突撃しました。

そこで編集の人に最初に言われた一言がこれです。

 

「お前、漫画描いたことないだろ」

 

はい一瞬で見抜かれました。

 

「これさあ…話が何伝えたいのか全然分からないというか、グチャグチャして見づらくて漫画としてはレベルが非常に低いね。もう全然ダメ。」

 

そ、そうですか。

 

「…」

「…」

「…さてもういいかな?」

 

…え?終わり?

 

それだけッ???

 

いやいや。

もっとこうなんか…あるだろ!

 

例えば「ここの構成はこうした方がいいんじゃないかな」とか。

コマを少なくしてもっとトーンを使いたまえとかさあ。

せめて「じゃ、次回作持ってきてよ」とか。

色々あるでしょ!

 

ないのかよ。

 

ありませんでした。

 

原稿を持って会社を出る時、「本日は失礼しました」と言った所、シーン。。。

 

挨拶すらそこにいる誰からも返ってきませんでした。

 


 

f:id:bidaikun:20180715203625j:plain

 

こうして何事もなく、また元のコンビニバイト生活に戻りました。

 

「遅せぇんだよアホ!!」

「グズグズすんな!!」

「メンチカツつったのにコロッケ入れやがったなてめぇ!!」

 

毎日怒鳴られまくり、家に帰るなり風呂場で焼酎飲みながら一人でカラオケする日々が続きましたとさ。おしまい

 

お読み頂きありがとうございました。

 

■ 生存報告

f:id:bidaikun:20180708105210j:plain

 

ヤナーリです。

お久しぶりです。

ブログ放置してました。すみません

 

今年初頭にも書いたことですが、いよいよあれやこれやと言う間に繫忙期が来て、まぁ慌ただしい毎日を送っています。

ブログ休止状態もまだ少々長引くことやもしれません。

 

生きてたらまた逐一報告したり更新したいと思います。

 

2018年ももう半分過ぎちゃいましたね。では

 

■ 「辞めるな。ずっとここで働き続けろ。」の話

こんにちは、ヤナーリです。

今回は前回の暗黒コンビニバイト話の続きです。

 

bidaikun.hatenablog.com

 

f:id:bidaikun:20180506180141j:plain

 

それはなんとかバイトの合間を縫って、とある展示会に作品を出展した時のことでした。

 

自分の出展ブースで待機していると、突然スタッフの一人が寄ってきました。

 

「お、あんた良い絵描くねぇ」

 

「…!い、いやあそれほどでも」

 

「いやすげぇレベル高いよこれ。これならあのピー先生の所でも働けるな」

 

「え」

 

「今さ、ピー先生の元でスタッフ募集してるんだけど、良かったら働いてみない?君くらい画力があるなら全然通じるよ!」

 

「えええ。あのピー大先生の元で?!やりますやらせて下さい!!」

 

「うん期待してる^^」

 

はい、まんまと罠に引っかかりました。

 

しかし無知蒙昧な私は、これを『天より巡ってきた絶好のチャンス』等と思い、思わずその場で承諾してしまいました(あと褒め殺しにあって有天頂になってた)

 

やほい、これであのブラックコンビニからバイバイできる。

それにあの著名なピー先生の元で働けるなんて夢のような出来事だなあ。人生長生きしてみるもんだ、うん。

 

なーんて。

 

どんだけ馬鹿だったんでしょう、自分。

 

今から考えてみれば、私は恰好のエサ以外のナニモノでもありませんでした。

 


 

f:id:bidaikun:20180506173922j:plain

 

ピー先生の元で働くことが決まったのは良かったもの、しかしここで問題が一つ。

 

それは、いま働いているコンビニを辞めなければいけないとゆうこと。

 

もっと言うと、あのxクザみたいな喋り方をする店長の前で、それを告げないといけないということ。

 

猛烈に嫌でした。

 

どうせ又眉間に皺寄せて耳が腐り落ちるようなイヤミ百連発してくるんだろうなぁ。。。

 

とは思いながらも、もう『善は急げ』で展示会が終了するなり、早速電話をかけ店長と直々に掛け合ってみました。まあいいよね、もう8,9ヵ月は働いたんだしぃ。

 

「オーナー。…かくかくしかじかで申し訳ないのですが近々ここを辞めさせて頂きたいのですが」

 

と恐る恐る言った瞬間でした。

 

『ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッッッッッッッッッッッッッッ!』

 

f:id:bidaikun:20180506174220j:plain

 

?!

 

私はびっくりしました。

 

絶対ネガティブな反応が返ってくるとは思ったもの、こんな聞いたこともない大シャウトが電話越しにくるとは夢にも思っていませんでした。

 

それから言われたことはよく覚えていません…。

嘘。

本当いえば覚えているんだけど、思い出して書きたくもない位ひどいことをその場で猛烈に言われました。(録音しとけば良かった)

 

簡潔に言えば、「辞めるな」と。

 

「ずっとここで働き続けろ」と。

 

「今からここに来てここで話をしろ」と。

 

そういうことです。

 

でも私も負けず嫌いなとこが結構あったりするんで、(まま負けてたまるか…)と思いつつもプルプルと震える足で勤め先のコンビニに向かいました。

 

何かあった時のため密かに携帯をボイスレコーダーモードにし、目から涙が滲み出るのを必死の思いでこらえ、オーナーとの決戦?に挑みました。

 


 

f:id:bidaikun:20180716200254p:plain

 

で、結論から言えば、「とりあえずもう1か月居ろ」と言う話で落ち着きました。

 

まぁ結局、一か月たった時点で「わりぃ、もうちょっと居てくんねぇか?」と言われ(一見穏やかに見えるけどものすごい剣幕と殺意を込めてそう言ってくるので、断ることができなかった)結局それから2ヵ月くらい居させられました。

 

又その一方で、ピー先生の元でも仕事があるから早く来て欲しいと言われたので、それからの日々は自分の休日も削り無休で掛け持ちバイトをすることになりました。

 

地獄でした。

 

もう一度言います。

 

地獄でした。

 

おしまい。

 

※余談

 

前回、私に向かってxねと言ったパイセンはそれから間もなくクビになりました。

 

仕事自体は非常に早くテキパキできる人だったんだけど、日ごろの言動が余りに悪すぎて(とゆうか店長に歯向かったこともあり)、スパーンと一刀両断です。

 

因果応報って本当にあるんだなあと思いました。

それを言うなら今回の自分の行動もそれに当てはまるのでしょうか。ナハ

 

■ バイト中、xねと言われた時の話

f:id:bidaikun:20180408151831p:plain

 

こんにちは、ヤナーリです。

今回は前回の暗黒コンビニバイト話の続きです。

 

bidaikun.hatenablog.com

 

さて当初私はそこで働くのが決まった時、クレーマー客とかに怒鳴られたりしたら嫌だなあ」などと思っていました。

 

確かにそういう客はそこそこいます。

 

「タバコの銘柄はこちらであってますか」と言っただけで、猛烈にキレてお金投げてくるやつとか。


冷たいものと温かいもの一緒に入れただけで鼓膜が破れるほど怒号を発してくるおじさんとか。

 

でも実はそんなの、「あること」に比べたら大した問題じゃないんです。

ヤな客いても会計済ませればすぐ目の前から消える訳だし。

 

私が一番問題を感じたのは同期の同僚達でした。

 

皆、ヤxザみたいな喋り方をする店長の元、少ない賃金でこき使われ働かされてイライラしていたのでしょうか。

イライラしない訳ないとは思いますが。

 

私は…馬鹿なので今まで生きてきた中、様々な悪口・暴言を他人から言われ生きてきましたが、その中でも特に多くの罵詈雑言をそこで浴びせられました。

 


 

f:id:bidaikun:20180325203000j:plain

 

「何やってんだテメェ!!」

 

「ちげぇっつってんだろ!!」

 

「使えねー野郎だな、お前なんて他だったらとっくにクビになってんだよバカ!!」

 

「xね!!!!!!!!!!」

 

…xね?

 

xねってなんでしょう。

 

xねと言われた時は、確か私がレジ下のビニール袋取るとき少しもたついた瞬間、そんな言葉が飛んできたことを今でもよく覚えています。

 

それってxねとまで言われる程の罪なんでしょうか。

 

私達が子供の頃、親や先生に「他人に対して暴言や暴力をふるったりしてはいけませんよ」と教わられたことは一体なんだったんでしょうか。

 

それとも私が甘ちゃんだから、そんなことでいちいちショックを受けるのでしょうか。

 

よく分かりません。

 


 

f:id:bidaikun:20180325203910p:plain

 

キツいのは罵詈雑言だけではありません。

 

休憩時間は8~10時間働いて15分だけ。

 

全身ゴミと揚げ物を揚げる油にまみれ、客や先輩からの人権ゼロな罵倒の嵐の中、水すら満足に飲めず(店内で飲み物飲むのはお客さんに対する失礼に当たるらしいので)、馬車馬のように働き…

 

くたくたになって帰ってきては、ただ寝るだけの日々を送りました。

 

…制作は?

 

ごめん、よく覚えていません。

 

それよりも本当に疲れが半端なかったため、あの時期は怒鳴られるかレジとバックヤードとゴミ捨て場の間を汗まみれで往復していた記憶しかありません。

 

「制作したいのでシフトの量は調整させて下さぁい」

そんなオマヌケを大真面目に面接時に言って10~20社もバイトを落とされた私は、

「いつでもどんな時でも働けます!!!お願いします働かさせて下さい!!!」と全身汗だくになりながらお願いしたこともあり、ほぼフルでシフトに入っていました。

 

又、この時はまさか自分が発達障害を初めとした色々なものを持っている人間だとは気づいていませんでした。

なので私は他人と同じく要領良く働くことができず、誰よりもできない人間だったので誰よりも人一倍怒られました。

 

『やなあり君、卒業する前に言っておくけどね、世の中って君が思ってるよりもずっとドライなとこだよ。』

 

そんなことを、大学を卒業する前に助手さんに言われたことを覚えています。

 

「…あれ。大学?そう言えばつい数か月程前は大学の工房でゆったり制作してたはずだったのに、どうなったんだっけ?」

 

気付けば馴染みの大学も、大学の工房も、大学時代の知り合いも、学食でよく食ったラーメンも、何もかもが無くなっていました。

 

私は家に帰ってももう絵筆すらロクに取らず、ただ天井を眺めながらお酒を飲んで途方に暮れる。。。そんな毎日を送っていました。

「バイトしながら作家活動を行う」

それが目的だったはずなのに。

何をやっていたんでしょう。

 

気づけば20代も後半に差し掛かろうとしていました。

 


 

f:id:bidaikun:20180408153021j:plain

 

そんな毎日を半年以上過ごす中、ある「助け舟」?が自分の元に届きました。

 

私は一刻も早くこのバイト先を辞めたいと思っていたのでラッキー♪などと思いましたが…

 

まさかそれが、そんな環境よりも超える「黒い所」へのご招待だとはこの時点では思いもしていませんでした。続く

 

お読み頂きありがとうございました。

 

■ 美大生って卒業したらどこ行くの?の話

f:id:bidaikun:20180318175214p:plain

 

こんにちは、ヤナーリです。

 

今回は美大卒業後の話…よりも先に、『そもそも美大生って卒業したらどこ行くの?』の話からしたいと思います。

 

以前、美大受験しようか迷ってんだけどぶっちゃけ美大ってどうよ?」的なメールを若い子から頂いたことがあるんで、今回の記事もそう言った若い層の読者に参考になるような内容になればいいなと思います。

あと例によってあくまで私観&当時の美大の話なので、まぁ「そういう説もある」程度に聞き流して頂けたら幸いです。

 

まず美大の科には大まかに分けて『デザイン系』『ファイン系(日本画とか油画とか絵を描く方)』の二種類があります。

 

デザイン系はこと就職に関しては優秀な方だという話を聞きました。科によっては内定率が100%超えるとこもあるという噂です(一人で複数社内定取る人が多いため)

 

んで私の通ってたファイン系の科は…

一学年30数人程度のとこだったんですが、確かその中で卒業して内定とった人は『3人』だったと記憶してます。

 

…3人?

じゃあ他の人はどうしたのかと言うと、

 

・作家活動という名のフリーター

・ひきニート

・どっか地方の学校とか美術系予備校の非常勤講師

・専門学校に入り直す

・大学院に逃げる ←私

・フリーアーティスト(?)

・消息不明

 

大体このパターンです。

 

フリーアーティストってなんじゃいって話だけど、いやいたんです実際そういうやつ。「おれの夢はフリーアーティストだ」ってゆったままどっかに消えた人。

 

…まぁ他人の話は良いとして。

 

大学院に逃げた私ですが、あっっという間にその2年間も過ぎて卒業することになり、それからは「作家活動という名のフリーター」をすることになりました。

何も深いことを考えず、新卒という何にも代えがたい切り札すら切り捨てて。

 


 

f:id:bidaikun:20180318161236j:plain

 

バイトすることになったのは、近所の駅前のコンビニでした。

 

ここで改めて言っておきたいのですが、私は馬鹿なのでたかだかバイトに受かるまで10~20社も落ちてようやくそこまでこぎ着けました。

 

学生時代にやったバイトは短期のものだったり、学内のティーチングアシスタントだったり等で、本格的に長期のバイトをしたことはありませんでした。

 

で、ようやくバイトしながらの作家活動をすることになったのですが…ちょっと考えてもみて下さい。

 

バイトを10~20社も普通に落ちるやつを取るようなとこって、どのようなとこだと思われるでしょうか。

 

そのコンビニの具体的な名前は言いません。

 

ただ、前にブラック企業大賞にノミネートされたこともある系列のとこだと言えば、ピンと来る人もいるんじゃないかなと思います。

 

しかもそこは駅前&バス停の近くの店ということもあり、帰宅ラッシュ時などになるともう鬼のように客が押し寄せて来ます(いつも店内をL字・凹型に客が並んでいたのを今でも覚えています)

 

また「人件費にお金は割けない」というお上の方針で、本当に必要最低限の従業員だけでその大量の仕事をさばいていく必要があります。

 

…今、こうやってあの頃の記憶を思い出しながら記事を書いてて…正直吐きそうな気持ちを抑えながらキーボードに向かっています。

 具体的にそこでどのようなことがあったか、書いてたら字数が長くなったので詳しいことはまた次回に話させて下さい。

 

最後に言っておきたいのは、これからバイトする若い人はくれぐれもバイト先は慎重に選んで下さいということと(駅前のむっちゃ込んでる店とか大変だよ)

そのブラック企業大賞にノミネートされた系列のお店、その全店舗が悪いとは言いませんが…少し気を付けた方がいいかもしれない、ということです。おしまい

 

お読み頂きありがとうございました。

 

■ 「アスペ美大くん日誌」に変えました

f:id:bidaikun:20180311163947j:plain


こんにちは、ヤナーリです。

 

この度は当ブログ名を、ビダイくんがゆくッ!から「アスペ美大くん日誌」へとタイトルを変更しました。

 

これからは、

 

美大とか美術界隈のこと
発達障害にまつわるアレコレ
・その他

 

について、色々と記事を書いていきたいと思います。

 

またそれに合わせて導入のプロローグ部分なんかも若干変えました。

 

正直まだ変えたいと思ってる箇所は若干あり、今後も細かいとこで少々マイナーチェンジがあるかもしれませんが、ご了承くださいまし。

(ちゃんと全部工事してから告知しろよという話かもしれませんが、「もういいや次の話書きたいし。めんどくせ」とか思うとつい先走っちゃうんですよね特性上)

 

あと現在自分が通ってる就労移行支援事業所での就労活動が忙しくなりつつあるので、更新ペースはやや落ちるかもです。

でも月一でもいいからなんとか記事を書いていきたいです。

 

今後とも当ブログをよろしくお願いします。

 

■ プチ工事のお知らせ

f:id:bidaikun:20180211194958j:plain

 

こんにちは、ヤナーリです。

いつも当ブログを読んで頂き、誠にありがとうございます。

 

突然ですが、プチ工事します。

具体的に言うとブログのタイトルを変えることにしました。

 

以前、美大についてのブログなのか発達障害のブログなのか分からなくなってきた。」と書いた通り、ここんとこ迷走気味でした。

 

ただ自分としては、『そのどっちも両方話したい』という気持ちが強かったのでこれからは、

 

美大とか美術界隈のこと
発達障害のこと

 

この2点について主に語っていきたいと思います。

主に変更する所は、

 

1. ブログタイトル
2. トップバナーの画像
3. プロフィール周り
4. プロローグ
5. その他、見返して気付いた点

 

こんなとこかな。

なんか今流行り(?)の発達障害のことを前面に出すのはちょっと気が引ける思いもしたのですが、ここはいっちょ「アスペ美大くん日誌」みたいな分かりやすいタイトルにしようかと考えています。

 

とりあえず2月~3月には終わらせる目途でいきます。

(目標は3月中頃まで)

 

はてな界隈で広報することもサボってたので、工事後そっちも余力が残ってたらやっていきたいです。おしまい

 

今後ともどうぞよろしくお願いします。